職員紹介

片岡 保憲

○NPO法人 脳損傷友の会高知 青い空 理事長
○株式会社FIRST RATE 訪問看護ステーション LOCAL 代表
 理学療法士 片岡 保憲(かたおか やすのり)

 急性期・回復期病院で11年間、理学療法士として勤務。その後4年間、老人保健施設での勤務を経て「NPO法人 脳損傷友の会高知 青い空」の理事長に就任。医療機関在職中には、イタリアなどで脳損傷後のリハビリテーションに関する研修を重ねる一方、主に脳損傷に関する臨床研究を行いながら大学院にて医学系研究科修士を取得。医療、介護、教育場面での経験を活かし、高次脳機能障害でお悩みの当事者やご家族と向き合い、就労継続支援B型事業所ならびに、高次脳機能障害相談所の運営にあたっていきたい。


岡村 忠弘

○NPO法人 脳損傷友の会高知 青い空
 統括責任者・作業療法士・相談支援専門員 岡村 忠弘(おかむら ただひろ)

 救急病院で8年間、作業療法士として勤務。その後4年間、作業療法士養成校で教員として勤務。救急病院での在職中には大学の高次脳機能障害研修センターに参加し、高次脳機能障害を有する方の評価や関わり方を学んだ。その後、主に高次脳機能障害に関する研究を行い、大学院にて医学系研究科修士を取得。今まで培った経験を活かし、作業療法士としての専門的な視点からも支援したい。また、現在は高知県作業療法士会理事の立場から作業療法士のネットワークも構築しており、それらのネットワークを「青い空」での業務に役立てたいと考えている。


福岡知之

○NPO法人 脳損傷友の会高知 青い空
 管理者・作業療法士・相談支援専門員・介護福祉士 福岡 知之(ふくおか ともゆき)

 介護福祉士免許を取得後、リハビリテーションの世界に興味を持ち作業療法士免許を取得。介護療養型施設や急性期・回復期病院で6年間、作業療法士として勤務。脳卒中後の機能回復から在宅生活までを見据えた関わりを行ってきた。その後4年間、作業療法士養成校で教員として勤務。養成校勤務時には学生教育の傍ら、大学院にて総合人間自然科学研究科修士を取得。過去にイタリアでの研修などを通じて、高次脳機能の奥深さに触れていた経験もあったことから、「青い空」にて高次脳機能障害者の支援に取り組むことを決意。これまでの経験を活かした前向きな支援を目指したい。


小野山尚誉

○NPO法人 脳損傷友の会高知 青い空
 職業指導員 小野山 尚誉(おのやま なおたか)

 郵便局で10年間、郵政事業に従事。その後、重機メーカー営業職等を経て現在に至る。結婚を機に妻が勤務する特別支援学校の行事に参加するにつれ障害福祉の分野に興味を抱き、転職を決意する。趣味であるレザークラフターとしての経験も活かし、青い空でのレザークラフト作業の充実も視野に入れ貢献したいと考えている。障害福祉支援については、日々勉強を重ね、「青い空」の一員として積極的に取り組んでいきたい。


岡村雅美

○NPO法人 脳損傷友の会高知 青い空
 目標工賃達成指導員 岡村 雅美(おかむら まさみ)

 医療事務、デイサービスでの介護職員および教員補助などの経験を経て平成28年3月に非常勤として青い空に入職。平成29年4月に正社員となる。これまでの経験を活かし、事務や経理の面においても青い空に貢献したい。また、利用者さんとのコミュニケーションを大切にし、障害福祉支援についても勉強を重ね成長していきたいと考えている。